長い冬休みが明けました^^
前の記事で、厳寒期が過ぎたら行くと言いながら
ほとんど行く行く詐欺状態で、気が付いたらもう5月。
まあ仕事が忙しかったのもありますが、
長い間釣りからは遠ざかっておりました。


■5/9(日)夜 某河口 長潮

元々7ヶ月しかやっていなかったのに、5ヶ月近くも釣りから遠ざかっていると、
用意からしてモタモタです。。。
途中で忘れ物を取りに帰ったりしながらようやく到着。
場所や釣果も、行っていない間に全然チェックしていないので、
以前と同じ某河口です。

しかしながら現地に着いて準備を整え、いざ河口部に足を踏み入れてみると、
これが意外や意外、現地の空気感、雰囲気、状況などが、
瞬時に蘇ってきて、一気にピリッと気が引き締まるものです。
とは言え釣れるのかどうか全く分からないので、とにかく今日はリハビリを兼ねて、
最近の状況調査を主な目的とし、もちろん釣れれば尚良しと言う考えです。

などと色々書きましたが、その後キャストを開始して、3時間ほどあちこちで投げ続け、
結果から言うとボーズですボーズ。
でも完全ボーズではなく、1バラシ、1ショートバイトあり、
シーバスが居ると言うか、居ない訳ではない事は分かりました^^
ベイトに関しても、チラホラ見受けられ、こちらも居ない訳ではないようです。
要するに釣れない訳ではなさそう、でもシブシブで難しいよ、という感じでした。

それよりこの日はクラゲの量が凄かったです。一面クラゲだらけでした。
どこも最近こんな感じなのでしょうか。。。
クラゲがたくさん浮遊していると言う事は、川の流れや潮の動きなど、
釣果にとって重要と思える要素が、やはり停滞しているのでしょうか。。。
やはりまだ河口より湾岸の方が良いのかな。

まあクラゲは予定外でしたが、シーバスが居る事も分かったので、
これからまた再開するつもりです^^v