■8/16(日) 昼 船越漁港

お盆休みの最終日、久々の家族釣行で糸島は船越漁港へ。
ヨメ様子供は胴付でエサ釣りです。

着いたのが遅かったのですが、相変わらずここは人が多い。
でもスペースは空いていたので場所を確保して始めます。
ルアーはどうやら自分一人です。

ここはファミリーのサビキに加えてチヌ釣りが有名な感じで、
大体の人がサビキかフカセでした。
自分もシーバス始めるまではここでフカセをやりかけたりしていましたが、
今は休止中です。

チヌが釣れるところにはスズキも居るはず、という読みで来たわけですが、
大正解で居ましたシーバス。
キャストしていると足元で時折フッコクラスかもしかしたらスズキクラスと思える
かなり大きいシーバスの魚影が稀に見えるのです。

その様子をヨメ様と話していたところ、ちょうど隣の人がチャリコをリリースしたのですが、
その瞬間、シーバスくんがものすごい勢いでトップに上がってきたと思ったら、
”バシャ〜ン”と一撃でチャリコを咥えてまた底へ消えて行きました(@_@)

そのシーンを目撃した周りの人達はざわめいたと同時に、次々と泳がせを開始。
ヨメ様も胴付仕掛けのオモリだけ取って、簡易泳がせを開始。
自分はと言えば、始めからシーバスを狙っていたのはこのオレだ!
と意気込みながら近場にキャストを続けます。

するとシーバスちゃんは、まるでみんなの期待に答えるように、
泳がせのアジゴ達を追いかけ回しだして、何よりかなり上まで上がってくるので、
その様子が丸見えなのです。ちょっと感動しました。
本当に追いかけ回しているんだと。

どうやら基本的に底に居付きながら定期的に上まで上がってきて追いかけ回して、
失敗するとまた底に消える、というパターンの繰り返しのよう。

ちなみに途中でヨメ様のアジゴが取られたり、誰かがリリースして死んで浮いていた小魚を
猛スピードで奪い取ったりで、デカシーバスやりたい放題でした。

しかもさすが百戦錬磨と思われるデカシーバス、そこまでトップで暴れ倒しながらも
誰の針にも一度も掛からずに十分腹ごしらえをした挙句、夕方には消えて行きました。
ものすごいアグレッシブ?なシーバスくんに出会えて感動的でした。

ちなみにその間自分のルアーと言えば・・・・・
まったく相手にされてないと言うか、ほぼ眼中にない感じ(;_;)。

その後もヨメ様は順調にアジゴ・チャリコ・カワハギなんかを釣って楽しそうでしたが、
自分は最近流行り(笑)のボーズ。。。
しばらくやって暗くなってきたので納竿しました。

でも一つ嬉しい事がありまして、
我が家のチビが、始めて何もかもの手順を全て自分でやって、
一人で始めて魚が釣れたのです。
今まではエサを付けてあげたり、投げてからロッドを渡したり、ずっと横に着きながらで、
その状態で釣れたことはあったのですが、
親の手を借りずに釣りの手順を全て一人でやって釣り上げたのは初めてでした。
親としてはちょっと嬉しい瞬間でしたね。
それで自分でにエサを付けている様子がこれ。

DSC06517 - コピー
必死です(笑)